スペインと日本の古道のお話

「熊野古道」「サンティアゴ」両方達成1000人に のニュースから

世界遺産に登録されている巡礼道「熊野古道」と「サンティアゴ巡礼の道」の両方を歩いた「二つの道の巡礼者」が先月、1000人に達し、米アラスカ州アンカレッジのスティーブン・バグノさん(38)に和歌山県田辺市などから記念品が贈られた。
junrei_04.jpg


 巡礼道を抱える田辺市とスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ市は、2015年2月に共同事業として「共通巡礼手帳」を作り、二つの道の定められたルートを歩いた人を「二つの道の巡礼者」として登録し、「共通巡礼達成証明書」を贈っている。
 バグノさんはフリーライターの傍ら旅行会社を経営し、ツアーの視察を兼ねて1人で熊野古道巡礼に訪れた。サンティアゴの道は05年と08年の計62日間で約1600キロ、熊野古道は2月20、21日に滝尻王子~熊野本宮大社間38キロを歩いた。
 熊野本宮大社に到着したバグノさんは「歩いた後で疲れていたが、このようなサプライズな歓迎を受けて力をもらった。静かな時間と場所で自分を見つめ直す巡礼の旅となった」と話した。
 共通巡礼達成者は45カ国に及び、男性484人、女性516人。国別では、日本246人▽オーストラリア198人▽アメリカ125人▽スペイン113人▽イタリア32人--とヨーロッパや北中米、オセアニアからの旅行者が6割以上を占めている。

行ってみた~い  「熊野古道」「サンティアゴ」両方達成

「熊野古道」「サンティアゴ」両方達成1000人に のニュースから
2_junrei.jpg


世界遺産に登録されている巡礼道「熊野古道」と「サンティアゴ巡礼の道」の両方を歩いた「二つの道の巡礼者」が先月、1000人に達し、米アラスカ州アンカレッジのスティーブン・バグノさん(38)に和歌山県田辺市などから記念品が贈られた。

 巡礼道を抱える田辺市とスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ市は、2015年2月に共同事業として「共通巡礼手帳」を作り、二つの道の定められたルートを歩いた人を「二つの道の巡礼者」として登録し、「共通巡礼達成証明書」を贈っている。
 バグノさんはフリーライターの傍ら旅行会社を経営し、ツアーの視察を兼ねて1人で熊野古道巡礼に訪れた。サンティアゴの道は05年と08年の計62日間で約1600キロ、熊野古道は2月20、21日に滝尻王子~熊野本宮大社間38キロを歩いた。
 熊野本宮大社に到着したバグノさんは「歩いた後で疲れていたが、このようなサプライズな歓迎を受けて力をもらった。静かな時間と場所で自分を見つめ直す巡礼の旅となった」と話した。
 共通巡礼達成者は45カ国に及び、男性484人、女性516人。国別では、日本246人▽オーストラリア198人▽アメリカ125人▽スペイン113人▽イタリア32人--とヨーロッパや北中米、オセアニアからの旅行者が6割以上を占めている。

スペイン高速鉄道 やっと サウジを走る

ありえない問題続く「サウジ砂漠鉄道」のニュースが配信された。
talgo_esp.jpg

サウジアラビアで建設中の、メッカとメディナの二聖都を結ぶスペイン製の「ハラマイン高速鉄道」が、2017年12月31日に全行程450kmを2時間52分で完走した。完走できたのは今回が初めてで、時速300kmを超えた区間もあったという。工事着工から5年かけてようやく全行程走行にこぎ着けたわけだが、ここまでの道のりはありえないほど厳しかったそうだ。

カタルーニャの独立問題 


ニュースから 一部抜粋>>>
 欧州で分離主義が強いのは、EU経済の「勝者」ばかり。カタルーニャのほか、スペインのバスク州、イタリアのロンバルディア州、ベルギーのフランドル地域など、首都に依存せず、欧州の小国並みの経済力を身につけた。
 皮肉なことにEUは経済統合がうまくいくほど、地域分離主義に直面するという頭の痛い課題を抱える。
 カタルーニャ州のアルトゥル・マス前州首相はインタビューでこう言った。
 「EUが独立に反対するのは、われわれの成功により各国で独立運動が出るのが怖いからです。カタルーニャ共和国はEU離脱を迫るかもしれない。しかし、EUは無視し続けられなくなり、必ず国家承認する。現実を追認せざるを得ない。それが政治家です」。
 だからこそ、暴力に訴えず、民主主義に基づく主張が必要なのだと力説した。
 カタルーニャ独立問題はひょっとしたら、EUの歴史を変える一歩になるかもしれない。

どうなる、スペインのカタルーニャ?

かねがね 話題となっている、スペイン・カタルーニャの独立問題。
日本時間今日、選挙の結果、第一報が出ました。
スペインからの独立問題で揺れる同国東部カタルーニャ自治州で21日に行われた州議会選挙(定数135)で、複数のスペインメディアは、即日開票の結果、独立賛成派の勢力が70前後の議席を獲得し、過半数(68議席)を維持する見通しだと報じた。

 独立運動の封じ込めを狙い、中央政府のラホイ首相が州議会を解散して実施した選挙に賛成派が再び勝利し、混乱の長期化は避けられない情勢と報道。

そういえば、フランス南部の街、私もかつて立ち寄った ペルピニャンの人々について、 あるメディアは、 ”フランス系カタルーニャ人” と記事内で書いている。
歴史を遡ると、 フランスの南部の一部も、かつて、 カタルーニャなんですよね。
先日、ある番組で 南仏が取り上げられていて、 映像で 旗が振られている光景を見て、 あっ、カタルーニャの旗とおんなじだ―と、あらためて 思った記憶がよみがえりました。
hata_catalu.jpg