スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開される前に、 試写会  今日封切り!!

●それでも 恋するバルセロナ  を、試写会で見てきました。
映画 それでも恋するバルセロナ


 ハビエル・バルデムを、3人の美女が、 それも ペネロペ・クルス((81回アカデミー賞受賞 =助演女優賞)、 スカーレット・ヨハンソン など豪華なキャスト。 
バルセロナの街のあちらこちらが 映像の中に出てきて、スペイン旅行に行かれたことがある方は、懐かしい 景色・風景が 次から次へと出てきます。
一方、 主演のハビエル・バルデム、 つい先日、 ノー・カントリーという映画でやはり主演だったのですが、 こわ~い役回りでしたが、 映画は大変おもしろかった。 で、今回はというと、画家の役。

監督は ウディ・アレンなんですが、 彼の映画何本か見てますが、 もし、これを アルモドバル監督なら、 どう 仕上げたんだろうなーと 思いました。
まあ、余り、辛口に コメントしてしまうと、 これからご覧になる人の先入観に繋がってしまうので、
お後がよろしいようで・・・・
バルセロナの魅力が いまひとつ表現し切れてないような・・・


7月9日 セルバンテス文化センターにて 19時から、 ベネズエラ文学を語る という講演会が催されます。  無料です。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。