君の名は。:スペイン・シッチェス映画祭で“最優秀長編アニメ”に

日本で大ヒット !
kiminonawa.jpg

大ヒット中の劇場版アニメ「君の名は。」(新海誠監督)が、第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭で、アニメーション作品部門で「Award for Best Feature Length Film」(最優秀長編作品賞)を受賞したことが16日、明らかになった。
 新海監督は「シッチェス映画祭で最優秀長編作品賞の受賞、本当に光栄に思います。『君の名は。』は入れ替わりや彗星(すいせい)来訪、東京と地方、土着の伝統や神道などさまざまな要素からなる物語ですが、その骨子はストレートなボーイミーツガールです。この映画をスペインの方々に楽しんでいただけたことに、私自身とても励まされました。本当にありがとうございました」と喜びを語っている。
 「君の名は。」は、1000年ぶりとなる彗星の来訪を1カ月後に控えた日本を舞台に、山深い田舎町に暮らす女子高生・三葉と東京で暮らす男子高生の瀧が、入れ替わってしまう……というストーリー。主人公の瀧を俳優の神木隆之介さん、ヒロイン・三葉の声を女優の上白石萌音さんが演じており、長澤まさみさん、市原悦子さんらも声優として出演している。8月26日に公開され、10月14日までの50日間で、観客動員が約1149万人、興行収入が約149億円を記録するなど大ヒットしている。
 「Award for Best Feature Length Film」は、細田守監督の「時をかける少女」(2006年)と「サマーウォーズ」(09年)、「おおかみこどもの雨と雪」(12年)、原恵一監督の「百日紅~Miss HOKUSAI~」(15年)が受賞している。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)