スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルサを追ってスペインから横浜まで シトロエンで来日。決勝に間に合うか??

1台の車で、世界各地でタイトルマッチを戦うバルセロナの応援に駆けつける兄弟がいる。イバンとシャビエルで、苗字はアラシルという。アラシル兄弟は青とエンジのボディに、クラブエンブレムが描かれたボンネットを持つ1953年式のシトロエンで愛するチームを追いかける。そして今、兄弟はFIFAクラブワールドカップ2015決勝が行われる横浜を目指しているようだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。
yokohama_stadium.jpg


 2009年チャンピオンズリーグ決勝開催地であるイタリア・ローマ、同年のクラブワールドカップ決勝開催地UAE(アラブ首長国連邦)・アブダビ、2011年チャンピオンズリーグ決勝開催地イギリス・ロンドン、2015年チャンピオンズリーグ決勝開催地ドイツ・ベルリン、そして今年8月に行われたUEFAスーパーカップ開催地であるグルジア・トリビシ。アラシル兄弟はレトロな愛車で各地に駆けつけた。そして現在は横浜に向けて、車を走らせている。

 アラシル兄弟は1カ月前にバルセロナから横浜まで約1万5000キロの旅に出た。彼らはロシアのウラジオストクからフェリーに乗り、鳥取県の境港市に入り、横浜に向かう。車で日本に入国するには、自家用自動車通関手帳(自動車カルネ)が必要になるが、彼らの手元にはなく、イバンの奥さんが手続きをし、バルセロナから送っているという。

 2人は17日に行われる準決勝には間に合わない見込みで、予定どおりに通関手帳が届けば、19日の夜に鳥取県から東京へ約800キロを移動する予定になっている。

 バルセロナはアラシル兄弟が駆けつけた決勝で負けたことがない。はたして、彼らは決勝までに横浜に到着できるのか。またバルセロナは準決勝を勝ち抜き、決勝でアラシル兄弟の目の前で世界王者となれるだろうか。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。