スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙ごみがスペインに落下 !

スペインに、宇宙ごみの雨が降り注いだ──。同国南東部で、ロケット燃料タンクや衛星の残骸の可能性がある謎の物体が、わずか1週間の間に3つ空から落下し、戸惑う地元の人々が見守る中、爆弾処理班や防護服に身を包んだ専門家らが現場に駆けつけた。
uchu_gomi.jpg

 最初の落下物は、黒い蜂の巣のような奇妙な球体で、ムルシア(Murcia)州の町ムラ(Mula)で先週、発見された。そして先週末、見た目は似ているがより小さな物体が、30キロ離れた同州カラスパラ(Calasparra)でも見つかった。

 カラスパラ町役場のマリア・ホセ・ゴマリス(Maria Jose Gomariz)さんは12日、「最初の物体が見つかった日の早朝、6~7個の火の玉が空から落ちてくるのを見たとの目撃情報が複数寄せられている」と述べた。

 この発見は騒ぎを引き起こし、治安警察の捜査官らが現場に駆けつけ物体を詳しく調査したが、警察は、2つの物体にはいずれも放射能はなく、人体には危険がないと断定した。治安警察は、これら物体がロケットの補助燃料タンクの一部である可能性があるとみている。

 第3の物体は、ムルシア州に隣接するバレンシア(Valencia)州のエルダ(Elda)で10日に見つかった。農家の男性が自分の畑で長い金属のような物体を発見し、警察に通報した。物体を回収した近郊のアリカンテ(Alicante)の警察によると、衛星の破片の可能性があるという。


米航空宇宙局(NASA)によると、現在50万個以上の破片が地球の周りを回っており、毎年、小さな宇宙ごみが地球に落下している。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。