スコットランドの後には、 カタルーニャ?

今月の スコットランド独立投票に 続いて、 11月には スペイン・カタルーニャ どうなるのでしょう?

今日、下記のニュースが流れました。 >>>>>>>>>

catalunya_independencia.jpg


スコットランド独立運動の高まりは、スペイン北東部カタルーニャ(Catalonia)地方の激しい情熱を煽り、「カタルーニャの日」の11日にはスペインからの分離独立を望む人々が計画するデモが予定されている。


 カタルーニャ自治州のアルトゥル・マス(Artur Mas)州首相は、スペインからの独立の是非を問う住民投票を今年11月9日に開催すると宣言し、これに激しく反対する中央政府と同地方を対立させた。


 こうした中、先週末に英国で発表されたスコットランド独立に関する世論調査の結果で、賛成派がわずかながら初めて反対派を上回り、これがカタルーニャ独立派の感情を加熱させている。


 カタルーニャ独立派の先頭に立つ組織「カタルーニャ国民会議(ANC)」本部の前にいた建築家のジュゼップ・マリア・グエルさん(32)は「スコットランドを見て私たちは羨ましく感じるし、感情が焚き付けられる」と語る。「スコットランドの例は、対話とマドリード(中央政府)の政治的意思があれば、われわれもこの(独立)問題を民主的に解決できる可能性を示している」


 スコットランド独立派が過半数となった調査結果を英紙サンデータイムズ(Sunday Times)が掲載したのは、カタルーニャが1年で最も敏感になる時期とぶつかった。掲載から数日後、そしてスコットランドでの投票実施のちょうど1週間前に当たる9月11日は「ラ・ディアダ(La Diada)」(カタルーニャの日)だった。



■今年は「V」サインの人文字


 カタルーニャの多くの人は「ラ・ディアダ」をこの地方の自治が失われた日とみなしている。1714年9月11日、スペイン継承戦争でスペイン・フランス連合軍に包囲されたカタルーニャの都バルセロナ(Barcelona)は陥落し、スペインの地図は書き換えられた。


 今年の「ラ・ディアダ」は、中央政府が違憲と主張する、カタルーニャ分離独立の是非を問う住民投票に向けたラストスパートの幕開けとなる。


 ANCのカルメ・フォルカデル(Carme Forcadell)議長は「スコットランドでは投票が許されたという時点ですでに勝利している。けれどもしも(独立への)賛成票が上回れば、私たちにとっては非常に都合がいい。欧州連合(EU)の反応を見ることになるだろう」と述べた。


 独自の言語と文化を誇るカタルーニャの住民750万人の多くは、中央政府による税の再分配で不当に扱われていると感じている。カタルーニャはスペイン経済の5分の1を占めているが、08年の世界金融危機の際には大きな打撃をこうむった。


 ラ・ディアダの日に行われる大規模なデモはスペイン経済危機の12年に始まり、バルセロナ中心部は大群衆に飲み込まれた。翌13年の同日にはカタルーニャ地方全域で数十万人が参加する「人間の鎖」が作られた。


 今年、独立派はバルセロナ中心部の2本の大通りに集まり、投票を意味するアルファベットの「V」の巨大な人文字を作るつもりだ。主催者によれば、すでに45万5000人以上がこの行動への参加を登録している。「今こそその時」のスローガンの下、赤と黄のカタルーニャ旗を持った人々が通りを埋め尽くす見込みだ。



■「カタルーニャは国ではない」との声も


 しかし、カタルーニャの住民投票は今後、憲法裁判所に違憲判決を下される恐れもある。英政府から住民投票を承認されたスコットランドとは異なり、カタルーニャの動きは中央政府のリーダーたちに真っ向から反対されている。


 カタルーニャの反独立運動団体「市民社会カタルーニャ(SCC)」のスサナ・ベルトラン(Susana Beltran)副代表は「それぞれの実体は違う。カタルーニャは一地方だ。スコットランドのような国ではない」と言う。


 しかし、ANC本部の前で11日の集会のためにカタルーニャ旗とメッセージTシャツを買おうと列をなす人々の頭には、やはりスコットランドが浮かんでいるようだった。販売員のサルバドール・ゴロさん(54)は「私たちは同じことのために闘っている二つの国だ。彼ら(スコットランド)にとって、ことがうまく運べば、それは私たちにとっても良いことだ」

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)