スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルビレックス新潟バルセロナの チャレンジ

今年から バルセロナで既に稼動してるんですね。 プロを目指さない クラブ、 おもしろい。
年間授業料300万円とかTVで言ってた。 

詳細は下の記事で。
albirex_bar.jpg

アルビレックス新潟・バルセロナ(アルビレックス・にいがた・バルセロナ)は、2013年8月に、アルビレックス新潟のシンガポール現地法人「アルビレックス新潟シンガポール」が運営元となって、スペイン・カタルーニャ州で設立したサッカークラブである。

アルビレックス新潟シンガポールは、Sリーグ(シンガポールリーグ)に所属し、日本国外のサッカートップリーグで唯一日本人主体で運営するサッカークラブとして参戦し、日本人選手がシンガポールで実践機会を求めて戦いステップアップの舞台としており、そこから数多くのプロ選手を日本国内外に排出してきた。このノウハウを生かし、現地在住日本人や、日本からの留学生などを募集し、実際に日本の都道府県リーグに相当するカタルーニャ州リーグ第4部からリーグ戦に参入すると共に、スペイン語・ポルトガル語・英語などの語学研修や、現地のサッカークラブとの協力による合同練習や試合観戦などの研修を通して、より高水準のサッカーと語学技術を同時に受けられる環境を整備していく。また世界に通用する日本人の人材発掘もテーマになっている。[1]

日本国内からの選手(留学生)選考は原則として前年度の4月から11月にかけて募集を行い、書類・実技・一般教養・面接などの審査を経て翌年8月に選出メンバーがスペインに渡り、そこから翌年5-6月までのリーグ戦期間にカタルーニャ4部でプレーしながら現地研修を実施する。

また、このプロジェクトは2013年から2014年の2年間をかけて展開する「日本・スペイン交流400周年記念事業プロジェクト年間」の、公式プログラムの一環として日本の外務省より認定された。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。