皇太子さまを大歓迎 「ハポン(日本)」姓の人々が暮らす町



慶長遣欧使節団の滞在地とされるコリア・デル・リオで、ハポン姓を持つ人たちと交流される皇太子さま=14日(共同)
 400年前に仙台藩が派遣した支倉常長ら「慶長遣欧使節団」の子孫とされる「ハポン(日本)」姓の人々が暮らす町、コリア・デル・リオ。14日午前(日本時間同日夕)に皇太子さまが訪問されると、多くの住民が沿道を埋め、日の丸を振って歓迎した。

 「支倉日本スペイン協会」のフアン・フランシスコ・ハポン会長(44)は約3万人の住民のうち「7000~8000人が集まった」と笑顔を浮かべた。皇太子さまは沿道の人たちにスペイン語で「オラ(こんにちは)」「グラシアス(ありがとう)」などと声を掛けながら歩かれた。「写真撮影にも気軽に応じてくれた。とても近い存在に感じた」とハポン会長。

 コリア・デル・リオでは日本スペイン交流400周年に合わせ、住民たちの日本への関心が高まっていたが「ここまでの盛り上がりは予想外だった」とハポン会長は驚く。

principe_en_corria.jpg

principe_en_corria2.jpg

principe_en_corria3.jpg

principe_en_corria4.jpg

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)