スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ危機

ある番組で ユーロ危機をテーマに番組を作っていた。
当然 ギリシャが最初に来るわけだが、 ギリシャでは既に 資産の切り売りが始まっていますね。
ピレウス港の2つの埠頭の運営権が 中国の会社に売却されたよう。

次にスペインにも取材が。 最近スペインの人口というと 以前に比べ500万人ぐらい多い。 移民がこんなに増えていたなんて。 バブルがはじけ、 その移民の人たちにも影響が。 住宅ローンが払えない、 強制退去(Deshaucios) 所帯が18万を超えている。 あるペルーからの移民の人は 頭金なしで2006年にマンションを65㎡、3600万円で購入(当時のユーロレートで)し、家族をペルーから呼び寄せた後、失業 →ローン払えずで 強制立ち退き に至ったそう。 2012年の売却価額は 1100万。 義兄が保証人なので自己破産も躊躇という状況だそうだ。

その移民の人たちも含め、 民族の大移動の動きになってきて、 その受け皿はというと、 現在成長率9%弱のアルゼンチン を目指しているようだ。

外資系も幾つか撤退しつつある中、 スペインの日産が 頑張っていて、 もちろん 労使交渉もしながら なんとか閉鎖に至らず、 逆に来年は 更に電気自動車の生産に入るらしく 新たに700名の新規雇用もすると云う成功例もある。 この日産のニュースは グッド・ニュース!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。