スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の美学

pep.jpg

”男の花道”  

ビッグクラブを率いた、 グアルディオラ監督の引き際

感動のセレモニーでした。 長島監督の引退セレモニーとはまた一味違うスピーチがあった。

監督からのメッセージの抜粋:
「バルセロナでのこの数年間は、人生がわたしに与えてくれたプレゼントだった。あなたたちに囲まれて、わたしは幸せものだった。どれだけ幸せを感じているか、あなたたちには想像できないかもしれない。わたしたちは毎日、みなさんがサッカーを楽しめるように努力をしてきた。わたしは去るが、バルセロナには最高の選手たちが残ることを覚えていてほしい。この先もクラブの幸運を願っている。これからも長い道のりだが、わたしは永遠にバルセロナのためにいる」

スペイン語でなくカタルーニャ語なので、ニュアンスしかわからないが、それでも、感動のセレモニーを感じることが皆できたのではないだろうか。

今まで数多くのサッカーの監督を見てきたが、 彼は、人間的にも、監督としても、 おそらく最高でしょう。 そしてホーム最終試合で4点を挙げ、一試合を残して 50点という途方もない記録を作ったメッシは、 ペレ、マラドーナを超え、歴代No.1と言っても過言ではない。
この50点は、不滅の記録となるのか後世興味は尽きない。

まだ40を過ぎたばかりの グアルディオラ監督、 監督と言うより、哲学者と思っている。
選手たちが作った花道を通り、ピッチをあとにするグアルディオラ監督を見ながら、休養した後の、 去就に注目!!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【男の美学】

”男の花道”  ビッグクラブを率いた、 グアルディオラ監督の引き際感動のセレモニーでした。 長島監督の引退セレモニーとはまた一味違うスピーチがあった。監督からのメッセージの抜粋:「バルセロナでのこの数年間は、人生がわたしに与えてくれたプレゼントだった。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。