スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスに こんなラッキーなことが

スペインで恒例のクリスマス宝くじ「エル・ゴルド」の1等の当たりくじ1800枚の引き当てたのは、北東部の町グラニェンの人々だったことがわかった。1枚あたりの賞金は40万ユーロ(約4070万円)で、人口約2千人の町に合計7億2千万ユーロ(約733億円)が転がり込んだ計算になる。

 宝くじは賞金総額が約25億ユーロで世界最大級。BBC放送によると、当たりくじを引いた町民は地元テレビに「すばらしい」と興奮した様子でコメントした。AP通信は、くじを当てた買った人々が歌ったり、踊ったり、スパークリングワインで乾杯したりしたと伝えている。

 欧州を覆った政府債務危機で、スペインは欧州連合(EU)でも最悪の失業率22%に苦しむ。グラニェンでも会社が次々と倒産している。
lote.jpg

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。