スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の話題作レビュー

6月公開の話題作、「それでも恋するバルセロナ」 レビューを、少し。
2009年6月27日公開予定
監督:ウディ・アレン
出演:ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン
、『ノーカントリー』で2008年のアカデミー賞助演男優賞を受賞したスペインの名優、ハビエル・バルデムが男優として出ているのですが、つい最近見たこの映画では、こわ~い役柄で出てましたね。
ところがこの映画では、女優陣にすっかり押され気味だとか。
そりゃそうですよね。 ペネローぺ・クルスとか、スカーレット・ヨハンソンが相手ですから。

ペネローペ・クルスも幅広い役柄を経験し、円熟味を増してきましたので 楽しみなキャスティングです。
ペネローペ・クルス


ガウディの建築で有名なバルセロナのロマンチックな街並は、アメリカからやって来た女性たちの心をまずオープンにする。スペインにありながらもカタラン人としての誇りを忘れない人々が暮らす異国情緒あふれるこの街は、まさに恋人たちの都。いまだ未完成のサグラダ・ファミリアをはじめグエル公園やランブラス通りと、誰かと腕を組んでそぞろ歩きをしたくなる場所ばかり。これで心動かされない女性はいないはず?

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。