スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルモドバル監督の最新作

スペインの ペドロ・アルモドバル監督の最新作「抱擁のかけら
が 今月、米ゴールデン・グローブ賞を の外国語映画賞にノミネートされました。
概略は 下記のとおり。

14年前に起きた凄惨な事故で視覚を失った男(ルイス・オマール)には、2つの名前があった。映画監督時代に名乗っていた本名のマテオ・ブランコ、現在の執筆業のペンネームであるハリー・ケインだ。ハリーは事故の後、映画監督である自分を捨て、人生を賭けて愛した女性・レナ(ペネロペ・クルス)のことも封印していた。だがある夜、事故に遭った知人の息子の傍らで一晩過ごすことになったハリーは、お伽話をするように自分の過去を語り始める。それは、運命という名の嫉妬と欲望に翻弄された、愛に狂った男女の切なくも激しい愛の物語だった――。『ボルベール<帰郷>』に続き、スペインの奇才ペドロ・アルモドバルが彼のミューズ、ペネロペ・クルスと再びタッグを組んだ、愛の物語。
091022_houyou_main.jpg


2010年2月6日より日本の各地で公開されるそうです。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。