fc2ブログ

日本にも 参考になる スペインの ビザ事情

いわゆる「ゴールデンビザ」として知られる、不動産投資による居住権付与を行っているスペインが、同制度の廃止を決定した。同様の制度を提供している欧州の国の中でも、スペインは最も人気があり、成功を収めていた。

パスポートランキング の記事から  スペインが一位 とはサプライズ

●「世界最強パスポート」はスペイン 
 日本は15位

パスポートのランキング あるんですね。  スペインが一位とは びっくり。  以下、ニュースの抜粋。
世界のパスポート(旅券)関連情報を提供するビザガイド・ワールドが発表した最新のランキングで、スペインのパスポートがシンガポールを抑えて「世界最強」に選ばれた。欧州諸国が上位を独占しており、欧州以外で上位20位に入ったのはシンガポールと日本だけだった。
パスポートランキング
ランキングは、パスポート保持者がビザ(査証)なしで入国できる国の数を基準にしている。ビザガイド・ワールドは、電子渡航認証(ETA)や到着ビザ(VOA)、電子ビザ、大使館または政府公認ビザ、パスポートなし入国、入国禁止といった入国政策に関する条件を勘案し、各国の「目的地重要度」を算出。重要度が高い国へビザなしで入国できるパスポートは、重要度が低い国へ入国可能なパスポートよりも高く評価した。
世界最強のパスポートは?
1位となったスペインのパスポート保持者は2023年12月現在、160の国と地域にビザなしで渡航できる。ただ、2位となったシンガポールのパスポート保持者がビザなしで入国できる国の数は実はスペインよりも多く、ブルキナファソ、カンボジア、コートジボワール、キューバ、ジブチ、ガーナ、ギニア、インドネシア、ケニア、ラオス、ミャンマー、ルワンダ、タンザニア、ウガンダ、ジンバブエが含まれる。

だが、スペインが首位を獲得したのは、パスポートを必要とせず、IDカードだけで入国できる国が多いためだ。スペイン人がパスポートなしで入国できる国は43カ国ある。

さらに、スペイン人はシンガポール人がビザなしで入国できない11の国と地域に渡航できる。フォークランド諸島、マーシャル諸島、パラオ、サントメ・プリンシペ、セーシェル、ソロモン諸島、東ティモール、トンガ、ツバル、ウクライナ、ベネズエラだ。

3位にはドイツが入った。ドイツ人はスペイン人と同じ160の国と地域にビザなしで入国できるが、スペインのパスポート保持者はパプアニューギニアとトーゴで到着ビザの利用が可能であるのに対し、ドイツのパスポート保持者は事前に電子ビザを申請しなければならない。

4位以降は上位から順にイタリア、フランス、オランダ、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、チェコ、ポルトガル、ハンガリー、ルクセンブルクと続く。日本は15位で、オーストリア、スイス、ベルギー、アイルランド、ポーランドがそれに続いた。

スペイン人口、 かつては 3000万人台だったのに・・・

人口が急激に増えているのは気づいていたが これほどに!
スペイン人口、4800万人超に 外国人が急増の AFPニュースから

スペイン統計局(INE)は12/11、同国の人口が4800万人を超えたと発表。外国人人口、中でもウクライナ人の急増が目立っている。

 2023年1月1日時点のスペインの人口は4808万5361人で、前年の4748万6727人から1.26%増加した。

 外国人人口は608万9620人となり、人口の12.7%を占めている。

 外国人が急増した要因の一つに、2022年2月にロシアが開始したウクライナ侵攻がある。この年、国外避難したウクライナ人数十万人のうち8万3401人がスペインへ移住。これにより、同国に住むウクライナ人は前年比76%増となった。

 外国人で最も多いのはモロッコ(89万3953人)、次いでルーマニア(62万9755人)、コロンビア(45万3911人)出身者となっている。

 一方、同年スペインを離れた外国人で多かったのは、ルーマニア(9742人)、英国(7328人)などとなっている。


日本のソフトパワー すごい!

●日本の ソフトパワー
スペイン北東部カタルーニャ自治州(州都バルセロナで知られる同州で、急速に高まる日本語熱)で新学年が始まった今年9月から、5校の公立校が日本語の授業を選択科目として採用。現地で普及活動に取り組む日本の関係者も「過去に例がない広がりだ」と驚いているそうです。

バルセロナ 本拠地カンプノウ内に〝墓地〟併設

異次元のユニークさ   な、なんと、 バルセロナ 本拠地カンプノウ内に〝墓地〟併設 ですって~。
現在、改修中で、FCバルセロナは暫定的に今シーズンは別の古いスタジアムで試合をしています。 が、新しい カンプノウは収容人数約10万人越えを誇る世界トップクラブの巨大スタジアム。
「バルセロナの会員とファンのために、遺灰と記念盾を収めるスペースを設ける予定で、費用は250ユーロ~6000ユーロ(約3万2000円~約95万4000円)になる」とし、「自分の亡きがらをスタジアムに眠らせたいと願う人々のため、新スタジアムの内部に約2万6000の納骨堂を設ける」 というプラン。
時代は ここまで きましたか・・・。
new-camp-nou.jpg
new-camp-nou.jpg