南仏プロヴァンス地方のお祭りで、たくさんのカタルーニャの旗が

今週、 映画”プロヴァンスの休日”   仏映画 主演: ジャン・レノ  (ハートフルコメディ)   を見たら、 村のたぶん祭りのとき、頭上に、たくさんの --- Senyera (サニェーラ) カタルーニャの旗で 黄色、赤の横線の旗 --- がなびいていた。

プロバンスでも 同じ旗ということで、 歴史の縁を感じて 鳥肌が立った。

bandera_catalunya.png

港区からのメルマガで面白い記事発見!

以前、 港区産業振興課の会員だったことがあり、 今でもときどき メルマガを受け取るのですが、 今日受け取った 中に、特集がありまして、 これがとてもユニークというか、目の付け所が 良い。
普段スルーするのに、 目に留まったのは、 お寺 というキーワードと、 スペインという国名と、 雲林院奈央子代表取締シェア社長 という代表のユニークな肩書。
この代表の方、 上智大→ワコール→起業 なんですね~。
宿不足と言われる日本、 更にオリンピックも控えている、 今後ますますニーズがありそうな予感があり、 今回 ピックアップしてみました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

記事は下記。
--------------------------------------------------------
□◎●【1】こんな手があったか!海外連携 ♯26
フランス人やスペイン人に人気!「お寺ステイ」
========================================================

 社寺での宿泊や座禅、写経等を外国人観光客向けに提供するサービス「お寺ステイ」。運営をするのは港区浜松町の株式会社シェアウィング(雲林院奈央子代表取締シェア社長)です。

○写真 http://www.minato-ala.net/mag/photo/c/170613/001.jpg

 「お寺ステイ」は社寺での日本文化体験を通じた場作りを行っています。座禅・華道等で日本文化体験のほか、非日常を体感できる社寺での宿泊体験は、特に外国人の関心度が高いです。「社寺で滞在する、という観光資源の魅力を再定義し、外国人観光客の需要に応えたいです」(雲林院さん)。

 ニッチなサービスで注目を集める同社。その成長の要因は、ターゲットを明確化したことです。対象が外国人観光客といっても、出身国や育ち方によってニーズは異なります。そこで、同社は「ペルソナ」というマーケティング手法を用いて、年齢、性格、趣味趣向等、あたかも実在するかのような人物像を設定。その人物像に当てはまる人にサービスを体験してもらい、フィードバックを元に、理想のターゲットが求めるサービスへと進化させていきました。「30代のフランス人カメラマンで、趣味は・・・と、かなり細かく設定しました。宿坊体験を利用しているのは、90%以上がフランス人やスペイン人等の外国人観光客です」(雲林院さん)。

 国際交流に前向きな多くの社寺と連携していきたいという同社。近年叫ばれている国内の宿泊施設不足解消にも貢献したいと情熱を燃やしています。

○株式会社シェアウィング https://oterastay.com/
otera_stay.jpg

祝 レアルマドリード 欧州CL 2年連続優勝 !!!

レアル・マドリード CL優勝!!
campeones_CL.jpg

前人未到のCL連覇 達成。。。  イタリア王者、鉄壁守備のユベントスとの決勝、 結果は、レアル 圧勝。
今季のレアルは、 リーガと 欧州CL 2冠、 おまけに ロナウドはCL得点王で、ネット上では早くも、 ロナウド、バロンドールとの意見多数。
小柳ルミ子さん同様、 バルサファンではありますが、 本当は、縁が深いのは マドリードなので、  陰ながら、 バルサの永遠のライバル、レアルも 対イタリアチームとなれば、応援したわけです。
さて、スペインでの優勝報告会、 どんちゃん騒ぎ間違いなしでしょうか?
なんてったって、 2冠は 59年ぶりとか 解説してたからねー。
これで 年末の クラブワールドカップ ヨーロッパ代表は レアルになりました。

本国のレアルの公式ホームページを久しぶりに見ようと思ったが、 すぐに 日本語版につながれてしまう。 スペイン語版が見たいのに。

Jリーグとスペインリーグの新たな関係構築と、 SNSのお話

●今後 楽しみなネタなのか?
Jリーグがスペインリーグと提携を結ぶことが16日、分かった。

 バルセロナとレアル・マドリードという世界屈指のクラブを擁す最高峰リーグとはもともと友好関係で「戦略的連携協定(仮称)」としてタッグを組む見込みとなった。内容は調整中だが、人的交流から指導者、育成部門など幅広くスペインの知見を生かすことができそう。スペイン通の原博実副チェアマン(58)が、4月にはスペインリーグに招かれレアルとバルサの伝統のクラシコを視察。帰国後に「今後、どういう協力ができるか」と話していた。

●最近ある数字が発表された。
FCバルセロナのインスタグラムのフォロワー数が5000万を(サッカークラブの中で)ダントツ一位で越えたそうだ。 ツイッターも4000万越え、これまた世界一位。

文化催事  at セルバンテス文化センター

トーク&ミニコンサート
ルス・カサル 音楽へ捧ぐ人生
5月11日(木)19:00-
luz_casal.jpg

Charla y concierto de Luz Casal:
una vida dedicada a la música
Jueves, 11 de mayo a las 19:00.
Reserva

2018年 東京・神戸で、  プラド美術館展 決定!!

歴代スペイン王室のコレクションを核とするプラド美術館の至宝を公開する「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」(読売新聞社など主催)が、スペインとの外交関係樹立150年にあたる来年2月から10月にかけて東京と神戸市で開かれることになった。
 6日には東京・元赤坂の迎賓館で、ミゲル・ファロミール・プラド美術館館長と老川祥一・読売新聞グループ本社取締役最高顧問・主筆代理が、開催合意書を交換した。
 日本初公開で縦2メートル超の大作「皇太子バルタサール・カルロス騎馬像」など、ベラスケスの傑作7点をはじめ、ティツィアーノ、ルーベンス、ムリーリョ、リベーラといった巨匠たちの名画約60点を展示する。
 東京展は上野の国立西洋美術館で来年2月24日から5月27日まで、神戸展は兵庫県立美術館で同6月13日から10月14日まで、それぞれ開かれる。

白浜でイベント

白浜観光協会は4月29日~5月6日、スペインの居酒屋などで提供される一口大の郷土料理「ピンチョス」を、観光客や住民に気軽に味わってもらうイベントを計画している。同国サン・セバスチャンからピンチョス料理コンテストで優勝経験のある料理人を招き、県内産の食材を使ったランチやディナーを提供する予定だ。

 サン・セバスチャンは、フランスとの国境に近いスペイン東北部のビスケー湾に面した観光都市。「ミシュラン星付きレストランの数が人口比で世界一」という美食の町としても知られ、代表的ビーチのラ・コンチャは形が白良浜とよく似ている。
 ピンチョスはこの街が発祥ともいわれ、薄切りしたパンの上にイワシの酢漬けや魚介などを載せた軽食。協会は、白浜の新たな魅力を発信しようと、ビーチの形が似たサン・セバスチャンの食をテーマに、昨年から関係機関と調整して企画を進めてきた。会場は、同町を代表する観光名所「円月島」近くを予定している。
 

スペイン国王夫妻、 国賓として来日決定!

 安倍内閣は21日の閣議で、スペイン国王のフェリペ6世と王妃を国賓として4月4~7日に迎えることを決定した。フェリペ6世の訪日は、国王としては初めて。
 国王と王妃は天皇、皇后両陛下の会見や宮中晩餐(ばんさん)会などの行事に参加し、安倍晋三首相と懇談する予定。

casareal_foto.jpg

三重にスペイン美食街ができるのニュースから 

サンセバスチャンは とても美しい街で、且つ、 美食で有名。 それに関連してのニュースが飛び込んできた。
それが下記です。

リゾート施設運営会社「アクアイグニス」(本社・東京)は27日、三重県多気町で建設を計画するリゾート施設「アクアイグニス多気」(仮称)に、美食の街として知られるスペインのサン・セバスティアン市の町並みを再現したゾーンを設けると発表した。
 現地にある三つ星レストランの誘致も検討している。
 同市はスペイン北部のバスク地方にある小都市で、ミシュラン三つ星のレストランや趣向を凝らした料理を出す飲食店「バル」がひしめく。多気町と同市は今月、食を通じて交流を図る「友好の証」を結んだ。
 同ゾーンには、スペイン料理のレストランやバルなどを数店舗配置する予定で、現地の三つ星レストラン「アルサック」と出店について交渉を進めている。このほか、料理学校の開設も検討している。
 また、同社は和食をテーマにした「食の商業ゾーン」を設ける案も明らかにした。著名な料理人が使う包丁や鍋などの調理道具や食器、みそやしょうゆといった食材を販売する店舗など30軒余りを展開する予定だ。
 アクアイグニス多気は伊勢自動車道と紀勢自動車道が交わる勢和多気ジャンクション近くの敷地で建設を計画、同社は2019年11月の開業を目指し、今秋着工する予定だ。県庁で鈴木英敬知事に計画を説明した立花哲也社長は、「和洋の“本物”の食を提供し、長く愛される施設にしていきたい」と語った。

400年前の夢プロジェクト始動!!!

久能山東照宮(静岡市)に収蔵されている「家康公の時計」がスペイン国王フェリペ3世から贈られる契機となった江戸初期のスペイン船の海難事故で、千葉県御宿町沖に沈没した船体を捜索するプロジェクトが今月、本格始動する。下田市の海洋調査会社と東海大の共同調査で発見されれば歴史的成果となる。
 
 発見を目指すのは、大航海時代の太平洋を舞台に銀や陶磁器、蜜蠟(みつろう)の交易を担った「サンフランシスコ号」。昨夏には、水深50メートル未満の浅海域約2平方キロメートルを超音波探査したり、金属探知機を用いて潜水調査したりしたが手掛かりは見つからなかった。
 サンフランシスコ号に乗船していて住民に助けられ、後に駿府城の徳川家康に謁見(えっけん)したドン・ロドリゴの日記「日本見聞録」には「岩礁に乗り上げた」との記述があるが、座礁後に船が沖に流されて沈没した可能性も出てきた。
 このため、今後はさらに捜索範囲を広げる。また、海外の研究者とも連携し、関連の文献の読み込み作業も並行する。
 一連のプロジェクトを担うのはウィンディーネットワーク(杉本憲一社長)の海洋調査部と、東海大海洋学部の木村淳特任講師(水中考古学)。1月下旬には、再び超音波探査を行う予定だ。
 調査費用の一部は国から助成を取り付けたが、大規模な調査を展開するため、同社が無償協力する。木村特任講師は「沈没当時の嵐の影響で、船体や積み荷が海底の広範囲に散らばっている可能性がある。まずは大砲やいかりなどの発見を目指したい」と語った。

徳川家康にスペイン国王フェリペ3世が贈った洋時計(久能山東照宮博物館提供)
http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/318466.html

驚異的な スペインのTV視聴率ランキングの結果!

スペインの2016年テレビ番組視聴者数ランキングが発表され、トップ50のうち94パーセントに当たる47番組がサッカー関連番組だったようだ。3日付けのスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 スペインのコンサルタント会社であるバルロベント・コムニカシオン社が、昨年1年間にスペイン国内で放送されたテレビ番組の視聴データをもとに同ランキングを発表。サッカー関連番組がランキングを総なめにしており、同国での“サッカー熱”の高さが伺える結果となった。

 年間1位に輝いたのは、昨年5月にミラノで行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝、レアル・マドリード対アトレティコ・マドリードのPK戦。総視聴者数は1164万2000人にのぼり、当時の視聴率は62.3パーセントだったという。なお、同じ試合の延長戦が年間3位にランクインしており、総視聴者数は1071万7000人、視聴率は58.1パーセントを記録した。

 一方、年間2位に輝いたのは、昨年6月に行われたユーロ2016のグループステージ最終節、クロアチア代表対スペイン代表。スペイン代表は1-2で敗れたものの、この試合の総視聴者数は1072万6000人、視聴率は60.6パーセントを記録している。

 なお、サッカーとは無関係の3番組は、同ランキングの40位台でようやく登場。そのうち2番組はドラマであり、それぞれ40位と45位にランクイン。そして、残りの1番組はヨーロッパで人気の音楽コンテスト「ユーロビジョン」の関連番組で49位だった。

■スペインにおける2016年テレビ番組視聴者数ランキング
(人数は総視聴者数、カッコ内は視聴率)

1位:レアル・マドリード 対 アトレティコ・マドリード(CL決勝:PK戦)…1164万2千人(62.3%)
2位:クロアチア代表 対 スペイン代表(ユーロ2016グループステージ最終節)…1072万6千人(60.6%)
3位:レアル・マドリード 対 アトレティコ・マドリード(CL決勝:延長戦)…1071万7千人(58.1%)
4位:バルセロナ 対 セビージャ(コパ・デル・レイ決勝:延長戦)…1046万5千人(53.8%)
5位:バルセロナ 対 セビージャ(コパ・デル・レイ決勝:90分間)…1003万5千人(49.8%)
6位:ポルトガル代表 対 フランス代表(ユーロ2016決勝:延長戦)…982万4千人(57.1%)
7位:スペイン代表 対 トルコ代表(ユーロ2016グループステージ第2節)…974万9千人(60.9%)
8位:レアル・マドリード 対 アトレティコ・マドリード(CL決勝:90分間)…944万7千人(57.3%)
9位:スペイン代表 対 チェコ代表(ユーロ2016グループステージ第1節)…886万9千人(55.8%)
10位:イタリア代表 対 スペイン代表(ユーロ2016ラウンド16)…849万7千人(62.9%)

(記事/Footmedia)

祝レアル・マドリード CWC 優勝~~ カンペオン♪

サッカーのFIFAクラブワールドカップ(W杯)は18日、横浜市の日産スタジアムで決勝戦が行われ、ヨーロッパ王者のレアル・マドリード(スペイン)が、開催国代表でJ1王者の鹿島を延長戦の末4-2で破り、優勝。
Real_campeon_CWC.jpg

観客も、約69000人で大入りでした。

また、視聴率の数字も良かったですね。
クラブワールドカップ(W杯)決勝戦、鹿島対レアル・マドリード(スペイン)の平均視聴率が、関東地区で26・8%. 瞬間最高視聴率は、後半終了直前の36・8%。

トヨタカップから続く クラブワールドカップ は、ひとまず 日本開催 これが 最後になるかも。 来年・再来年は中東、その後未定ですから。。。

サッカーがもっともっと 盛り上がってくれると 嬉しいですね。

ニュース>> 楽天、バルサとスポンサー契約!世界2位の4年総額257億円

楽天が名門バルセロナの胸スポンサーを務めることになった。バルセロナは16日にバルセロナ市内で会見を開き、インターネット通販大手の楽天とメインパートナー契約を結ぶことで合意したと発表した。契約期間は17~18年シーズンからの4年間で1年の延長オプション付き。年間5500万ユーロ(約64億円)、4年総額2億2000万ユーロ(約257億円)の大型契約となる。
messi_yorokobi.jpg


 メッシやネイマールが「Rakuten」のロゴ入りユニホームで来季からプレーする。会見にはバルセロナのバルトメウ会長らとともに、14日にプロ野球のオーナー会議に出席した楽天の三木谷浩史会長も出席。プロ野球の楽天やJ1神戸などスポーツを支援してきたことを英語で紹介し、「バルセロナは世界一のサッカーチームというだけではなく、考え方や求めているものが我々と似ている」と話した。

 バルセロナはユニホームにスポンサーロゴを入れない伝統があったが、06年から福祉目的でユニセフのロゴ入りユニを着用。11年にはカタール財団と5年間のスポンサー契約を結び、初めてユニホームに商用ロゴが入った。カタール財団との胸スポンサー料は年間約34億円とされたが、楽天の64億円はマンチェスターUが米自動車メーカー・シボレーと結んだ推定5300万ポンド(約72億円)に次いで世界2位。さらにボーナスとしてリーガ・エスパニョーラ優勝で150万ユーロ(約1億7600万円)、欧州CL制覇で500万ユーロ(約5億8500万円)が増額され、最大で年6150万ユーロ(約72億円)となる。

 会見では15年にスペイン代表DFピケが夫人の歌手シャキーラとともに米サンフランシスコの三木谷会長の家で食事会を開いたことが、今回の契約のきっかけと紹介された。また、バルセロナが年間1試合、日本での試合を計画していることも明かされた。楽天が展開するモバイルメッセージングアプリ「Viber」は今後、バルセロナファンの公式コミュニケーションチャンネルとなる予定で、三木谷会長は「新たなイノベーションの枠組みをつくっていくパートナーとなることを楽しみにしている」と話した。

スペインのイべリア航空・東京路線 復活のニュース

かつて 撤退した イベリア航空の東京路線が 復活!!!!
そのニュースはこちら
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

iberia.jpg

 スペインへの直行便が18年ぶりに再開しました。

 スペインの航空会社イベリア航空は、成田とスペインの首都・マドリードとの定期便を1998年以来、およそ18年ぶりに再開させました。日本からスペインへの唯一の直行便で、週に3往復、運航します。

 成田空港には午前9時すぎに第1便が到着し、イベリア航空のルイス・ガジェゴ会長や駐日スペイン大使などが出席してセレモニーが行われました。

 成田空港では去年4月からこれまで就航していなかった空港との間に新たな路線を開設した場合、着陸料の割引を行っていてイベリア航空は1年間、成田空港の着陸料が無料となるということです。

君の名は。:スペイン・シッチェス映画祭で“最優秀長編アニメ”に

日本で大ヒット !
kiminonawa.jpg

大ヒット中の劇場版アニメ「君の名は。」(新海誠監督)が、第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭で、アニメーション作品部門で「Award for Best Feature Length Film」(最優秀長編作品賞)を受賞したことが16日、明らかになった。
 新海監督は「シッチェス映画祭で最優秀長編作品賞の受賞、本当に光栄に思います。『君の名は。』は入れ替わりや彗星(すいせい)来訪、東京と地方、土着の伝統や神道などさまざまな要素からなる物語ですが、その骨子はストレートなボーイミーツガールです。この映画をスペインの方々に楽しんでいただけたことに、私自身とても励まされました。本当にありがとうございました」と喜びを語っている。
 「君の名は。」は、1000年ぶりとなる彗星の来訪を1カ月後に控えた日本を舞台に、山深い田舎町に暮らす女子高生・三葉と東京で暮らす男子高生の瀧が、入れ替わってしまう……というストーリー。主人公の瀧を俳優の神木隆之介さん、ヒロイン・三葉の声を女優の上白石萌音さんが演じており、長澤まさみさん、市原悦子さんらも声優として出演している。8月26日に公開され、10月14日までの50日間で、観客動員が約1149万人、興行収入が約149億円を記録するなど大ヒットしている。
 「Award for Best Feature Length Film」は、細田守監督の「時をかける少女」(2006年)と「サマーウォーズ」(09年)、「おおかみこどもの雨と雪」(12年)、原恵一監督の「百日紅~Miss HOKUSAI~」(15年)が受賞している。